練度の重要性と上昇の方法

信長の野望 創造 戦国立志伝では、練度という項目があります。

これは、兵士の熟練度を表すもので、この値が高いと、戦闘時により強くなる効果があります。

逆に低いと、通常より弱い部隊となってしまいます。

ここでは、練度のどのように上げていくのかや、注意点などを取り上げていきます。

練度の最大値の上げ方

練度の最大値は、さまざまな方法で上げることが可能です。

なお、初期の最大練度は+40です。

また、現在の練度は、拠点情報の練度の項目から確認できます。



大名や城主を配置する

城主(大名含む)、城代を配置すると、その城の練度が上がります。

+20されますので、練度を考えるのであれば、城主を任命すると良いでしょう。

年数経過で上昇

その城を収めてから年数が経過するごとに練度が上がります。

1年につき+1され、最大+10まで上昇。

特性で上昇

特性により、練度が上がります。

  • 猛将+5
  • 軍略家+5

施設の建設を行う

狩場を作ると練度が上がります。

領地であれば、狩場が1つにつき+5され、2つの+10が最大です。

城下であれば、狩場1つで+10され、それが上限となります。

練度の回復量の上げ方

練度は兵士を補充することで減少しますが、その際の練度の回復を早める方法を紹介します。

練兵場、刀蔵を建設する

練兵場、刀蔵があると、練度の回復量が増加します。

何も建てずにいると、兵が回復すると自然と減少していきますので、すぐに再出撃させたい場合などは、練兵場か刀蔵を1つでも建てておきましょう。