任務の詳細と、お薦め達成方法

任務は家臣、城代、城主の立場の時のみ、指定されるものです。

軍団長、大名には存在しません。

また、家臣の時は、任務に関係するものは自分の領地内の資源や兵が関係しますが、城代と城主の場合は、自分が居る城の方の資源や兵が関係します。

このため、家臣から城代になった時などには、状況が大きく変わりますので注意が必要です。

ここでは、お薦めの達成方法を紹介していきます。

必ずしも任務はする必要がない

任務は、必ずしなければいけないと思うかもしれませんが、すべてを自分でする必要はありません。

他の家臣が勝手にやってくれることもありますので、お任せできるものはお任せしましょう。

特に、序盤は金や資材などが必要になりますが、そうした必要なものを任務達成に使ってしまうと、領地の発展が難しくなります。

あえて任務をしない、という選択肢もあることを把握しておきましょう。



周囲の状況を見て判断する

特に家臣の場合は、領地画面のみ見てしまいがちですが、全国マップも確認し、任務を行うか決めましょう。

敵に攻められているのにもかかわらず、襲撃系の任務を行い、自らの兵数を減らしてしまうと、攻めてきた敵と戦う時に少ない兵数で相手をすることになってしまいます。

襲撃系は序盤に行う

襲撃系は任務が指定された時の序盤に行うようにしましょう。

任務には兵数が必要になりますが、任務を行うと合戦をするため、兵数が減ります。

減った兵数の回復には時間がかかりますので、早めに行い、すべての任務が終わるころには兵数が回復して敵の城を攻められるように調整すると良いでしょう。

他の武将にやってもらいたい任務を残す

他の武将にやってもらいたい任務を残し、それ以外を早めに自分で任務報告をしてしまう、というのもお薦めです。

数が減れば、それだけ他の武将は残った任務をすることになりますので、うまくやってもらいたい任務に誘導することができます。